Information

JICDAQ 登録のご案内

登録申請からリスト掲載までの流れ

デジタル広告を業務とする事業会社は、JICDAQの認証を受けるために、まず JICDAQに登録を行います。その時点で「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外」と、「ブランドセーフティの確保」のいずれか一方か、または双方で認証を受けるかを決め、登録料を支払います。

また同時に、JICDAQが求める業務プロセスの基準を満たすかの検証について、JICDAQより業務委託された第三者機関である一般社団法人日本ABC協会による「第三者検証」を受けるか、自ら検証を行う「自己宣言」とするかを選択します。海外で同様の認証をすでに受けている事業者は、「海外認証」が選択でき、より簡潔に検証を受けることができます。

検証が完了すると、第三者検証の場合は、検証報告書を日本ABC協会が作成し、JICDAQへ提出します。自己宣言の場合は、自己で検証報告書を作成し、日本ABC協会の「確認」を経たのちJICDAQへ提出されます。提出された検証結果について問題がない場合、JICDAQより「認証」が付与されます。

認証された事業者については、JICDAQウェブサイト上の公開リストに掲載されます。 また広告主は、JICDAQの理念に賛同し、そのルールを遵守するということを確認した上で、JICDAQに「登録アドバタイザー」として登録ができます。

第三者検証、自己宣言の実施方法

JICDAQ 品質認証への申し込み

  • 明文化されたポリシーや契約書、利用規約等
  • 取引先に対する審査プロセス等
  • 該当する認証分野における組織体制、業務プロセス等
  • 該当する認証分野における技術的対策等
  • その他

上記のようなチェック項目について、選択された方法に合わせて申請いただきます。