About JICDAQ

JICDAQについて

JICDAQ 宣言(2020年12月1日発表)

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人日本広告業協会、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会の広告関係3団体は、デジタル広告の品質を第三者認証する機構「JICDAQ」の設立を決意し、「JICDAQ宣言」を発表いたしました。 来春に設立予定のJICDAQは、正式名称を「一般社団法人 デジタル広告品質認証機構」といい、デジタル広告の品質課題のうち、まずは「アドフラウドを含む無効配信の除外」と「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」の品質認証に取り組みます。

ニュースリリース

JICDAQの組織体制

JICDAQ は、JAA、JAAA、JIAA の3 団体によって、すでに海外で実績のあるスキームを研究した上で、日本の実情に合った組織として設立されました。

JICDAQへの登録と品質認証とは?

JICDAQの理念に賛同し、認証を目指す事業者は、登録審査と年度登録料の支払いを経て、法人単位で登録されます。
登録事業者は、運営している事業単位で、JICDAQ の定める業務プロセスの認証基準に則っていれば、「品質認証事業者」として証明書と認証マークの発行を受けることができ、認証事実がリストに公開されます。
JICDAQ品質認証事業者は、原則として、JICDAQ品質認証事業者と広告取引を行うことが推奨されます。なお、広告配信ビジネスの商流には入らないものの、JICDAQ の理念に賛同する調査会社などは、審査を経て、賛助登録をすることができます。
また、JICDAQに賛同するアドバタイザーも、JICDAQに登録いただくと法人名がリストに公開されます。JICDAQ登録アドバタイザーは、原則としてJICDAQ品質認証事業者に対して広告を発注することが強く推奨されます。

インターネット広告の品質課題のうち、JICDAQが品質認証の対象とするのは、「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外(“人”に届いていない広告配信の排除)」と、「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保(明らかに違法・不当な広告掲載先の排除)」についての事業者の業務プロセスの有効性です。
JICDAQによる業務プロセスの認証は、JICDAQの理念に賛同してメンバーに登録いただく、広告媒体、プラットフォーマー、アドテクベンダー、レップ、広告会社等の広告関連事業者が対象となります。
メンバー登録と認証は1年間を有効期間とし、登録料と認証料がかかります。また、第三者機関(日本ABC協会)に対しては、検証料または確認料がかかります。
JICDAQの認証の枠組みは多様で膨大なすべての日常的な業務プロセスの品質を保証することや、すべての広告配信結果について完全なゼロリスクまでを実現するものではありません。
しかし、デジタル広告市場健全化を目指して、インターネット広告を発注する側も受注する側も、その品質確保に向け最大限の努力するようJICDAQの認証を広めていきたいと考えています。